村田園万能茶は、普通の健康茶と一緒で素材を煮出すことで健康に良い成分を得ます。

村田園万能茶は、普通の健康茶と一緒で素材を煮出すことで健康に良い成分を得ます。

煮出せば煮出すほど有効成分がより抽出されますが、それが長時間だと渋さと苦さが強くなり、飲みにくくなるのも事実です。

 

 

ドクダミ茶のように茶葉から煮出すタイプは、沸騰したお湯に浸すだけでそれなりに抽出できます。

 

趣旨から煮出すはと麦などは、水に入れて火にかけて時間をかけじっくりと煮出さないと有効成分を抽出できないのもあります。

 

植物の茎、花、葉が材料の健康茶は、10分以下で抽出されるものがほとんどで、根茎や種子など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すことがセオリーです。

 

万能茶はカフェインが入っていなので、赤ちゃんも飲むことができるうえ赤ちゃんにありがちな便秘の対策にもなります。

 

また、習慣づけることで子供に好きそうな甘いジュースを飲み過ぎの防止ができます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを気にすることもないので、虫歯予防にもなりますね。

 

糖分は含まれませんが、甘さをほんのり感じることができるので、子供たちにも飲みやすく人気が高いのもうなづけますね。

 

妊娠中でも出産後でも年配者も赤ちゃんでもずっと飲み続けることができるお茶です。

 

村田園万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸を刺激するので排便を促します。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらには食物繊維が多く含みますからこちらも排便の役に立ちます。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利用の作用があり、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化してキチンと出す、という働きは良いですね。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘に効くと広く知られているが、飲みすぎるとお腹をこわすことがあります。

 

でも万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、特定の1種類を飲みすぎることはありません。

 

お茶に限らず、食品は健康にいいからといって一つのものをずっと摂り続けるとか1度に大量摂取するより、体に合う量をそれを続けることで目的がかないやすいと覚えておきましょう。

 

WEB限定パッケージの村田園の万能茶は1パックで1Lのお茶が作れるので、1日分の水分がこれで摂取できます。

 

ビタミンやミネラルが豊富なため倦怠感を軽くすることができます。

 

疲れが取れてリラックスできる健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、500円で万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、自分の体に合うかどうか分からないからと定期購入を決められない方には大変嬉しい内容です。

 

村田園万能茶は、肥満気味の人にとってはありがたい痩身効果のある成分も多く含まれており、糖質、脂肪、塩分を摂取し過ぎと言われている現代人にも、万能茶は価値ある商品と言えるでしょう。

 

ある年配者の体験ですが、高血圧を患っていながら万能茶を飲み続け、いつの日か「高血圧も改善された」と喜んで話してくれました。

 

今でも飲み続けており、昔よりも身体の調子が良い日が多いようです。

 

万能茶の特徴として、便秘の解消、血圧の安定、良質な水分摂取、アレルギー症状(花粉症など)、無理をしない痩身があります。

 

水分摂取のため紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、手近で便利なので利用しがちですが、健康のことを考えるとこれらは、あまり良いことではありません。

 

砂糖が使われている飲み物で太ったり、人によってはコーヒー紅茶の利尿作用が強すぎて水分不足になってしまうことも考えられます。

 

そういった意味で万能茶は、自然由来の原材料100%でノンカロリー、ノンカフェインなので、子供や妊婦さんでも安心です。

 

万能茶に使われている天然素材は、美容のために「はと麦/柿の葉/桑の葉」の3種類、スッキリをサポートするハブ茶、とうきび、大麦の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

健康な体調を維持するの効能を発揮するお茶です。

 

天然素材で、人工的に合成していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

 

 

page top