村田園万能茶には、ハブ茶が使われています。

村田園万能茶には、ハブ茶が使われています。

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸を刺激するので排便を促します。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらには食物繊維が多く含まれていますので、やはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利尿作用が期待でき、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

村田園の万能茶に含まれる原材料は自然由来で、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリのために「ハブ茶/大麦/とうきび」の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、それと「大豆/どくだみ/甘草/甜茶/くま笹/クコ/浜茶」を合わせて全部で16種類です。

 

健康な体調を維持するの効能を発揮するお茶です。

 

天然素材で、人工添加物を使用していない健康茶なので安心して飲めます。

 

万能茶は健康状態を改善していくいろいろな成分がたくさん含まれています。

 

そのうち特にビタミン、ミネラルが多く含まれ新陳代謝を高めることにも効果的です。

 

こういった成分を少しずつ摂ることで、例えば肌トラブルの改善、風邪をひきにくい、アレルギー症状が楽になった、「花粉症が軽減された」など等、普段の生活に広く改善が期待できる飲料として知られています。

 

ドクダミ茶は便秘に効くと広く知られているが、飲み過ぎによってお腹をこわすことがあります。

 

でも万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶でもなんでも食べ物は、健康にいいからといって一つのものをずっと摂り続けるとか規定以上にたくさん摂るのではなく、体に合う量をそれを続けることで症状の緩和や良好な状態になることを注意しましょう。

 

村田園の万能茶には、食物繊維が多いハトムギや排便を促す作用があるドクダミ、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが配合されているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

また、ドクダミやハトムギには余分な水分を排出する作用もあるので、お通じ改善とともに体の解毒効果もあります。

 

しかし万能茶はいわゆる健康茶ですから処方薬とは違い実感できる効果が数日で出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大事です。

 

村田園村田園の万能茶は30年以上ににわたり、現在は年間300万本以上も売れているロングセラー商品です。

 

ノンカフェイン、ノンカロリーだから誰でも安心して飲めて、一袋で1杯200ミリリットルを120杯分作れるので、お得感が強いと思います。

 

健康志向の現代では、手軽な健康茶が主流になりつつある背景もあり、万能茶はたくさんの人に愛飲されている健康茶です。

 

痩身志向は、食べたものをお腹に溜めておかないという考え方があります。

 

村田園村田園の万能茶の素材にあるハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の基本作用により腸内運動が活発化されます。

 

他に16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排泄をよりサポートし、結果的にはお腹の見た目が、スッキリすると楽しみなわけです。

 

また、やかんで大量に作るだけで、ホットでもアイスでも飲めるという気軽さは、継続的な努力で痩身を実現するという点を基本事項も満たしているというわけです。

 

万能茶に含まれている浜茶やハト麦には、排尿を促す作用があります。

 

そのため余分な水分は体にため込まれず、顔や手足のむくみを減らすことに貢献してくれます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷たい状態で飲むと胃腸が冷えて血流や水分代謝が滞ることの恐れがあります。

 

こういったことから女性が悩みがちな顔や手足のむくみを改善する村田園万能茶は、仕事や家事に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

 

 

page top