村田園の万能茶にはセンナ(中毒性あり)は入っておらず、どくだみ、

村田園の万能茶にはセンナ(中毒性あり)は入っておらず、どくだみ、

くま笹、はぶ茶など、整腸作用があって副作用の少ない原材料が使われています。

 

 

そういった意味で安心して飲めて、小腸や大腸に優しく効いてお通じを促すため、それに悩んでいる人、胃腸が弱いという自覚がある人にお勧めできるお茶です。

 

万能茶に含まれている柿の葉は、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効き目があります。

 

それとハトムギには、たんぱく質やカリウム等がバランス良く含有しているため健康的な肌のために期待できます。

 

村田園の万能茶に使われる素材には、ハブ茶もあります。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、その成分は胃で吸収されず、腸を刺激するので便をゆるくしてくれます。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらは食物繊維を多く含みますからこちらも排便の役に立ちます。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利尿作用が期待でき、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という働きは良いですね。

 

村田園の万能茶をはじめ、今まで健康飲料などに手を出したことがなかったという人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば資質や糖質が余分に入っていないので問題ないと思っている人が一定数いるようです。

 

でも村田園万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味して飲みやすく、毎日飲んでも飽きがこない、それと体に良い原材料が多く使われているからです。

 

村田園の万能茶を飲むのは、温めたものを朝に飲む習慣が効果的です。

 

もちろん、夜寝る前や水筒で携帯してお好きなタイミングで飲んでもOKです。

 

大事なのは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

苦みや渋みが苦手であれば、やかんで煎じる時間を数分にしてもいいでしょう。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで香りを付けたりするのもいいですよ。

 

熱中症対策用に冷蔵庫で冷やして経口補水液の代わりとして愛飲してもいいですね。

 

妊婦や子供にも安心して飲むことができるのは、万能茶の長所の1つになります。

 

日々の健康・美容・ダイエットに良いものを取り入れたい人に普段の何気ない休憩時間の一杯として、村田園の万能茶を試してみる価値はおススメですよ。

 

村田園万能茶には、ハトムギ(食物繊維が多い)、排便を促す作用があるドクダミ、田舎麦(整腸作用)、配合されているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

また、ドクダミやハトムギには余分な水分を排出する作用もあるので、便秘解消と合わせて体の解毒効果もあります。

 

しかし万能茶はいわゆる健康茶ですから薬と違って実感できる効果が数日で現れるわけではありません。

 

日々継続することが大切になります。

 

万能茶は1982年から販売され、現在は年間300万本以上も売れているロングセラー商品です。

 

カフェインもカロリーもゼロですので、誰でも安心して飲めて、一袋で1杯200ミリリットルを120杯分作れるので、とても経済的です。

 

最近は、健康志向の人が多いので手軽に飲める健康茶が人気となっている傾向で、万能茶はたくさんの人に愛されている商品です。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘に効くと広く知られているが、飲みすぎるとお腹が緩くなることがあります。

 

しかし、万能茶のようにどくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、特定の1種類を飲みすぎることはありません。

 

お茶に限らず、食品は健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、それを続けることで目的がかないやすいと覚えておきましょう。

 

 

 

page top