万能茶は1982年から販売され、現在は年間300万本以上も売れているロングセラー商品です。

万能茶は1982年から販売され、現在は年間300万本以上も売れているロングセラー商品です。

カフェインもカロリーもゼロですので、誰でも安心して飲めて、一袋で24リットル分のお茶が作れるのでお得感が強いと思います。

 

 

最近は、健康志向の人が多いので手軽な健康茶が人気となっている背景もあり、万能茶は多くの人に愛されている商品です。

 

村田園の万能茶は、ハトムギ(食物繊維が多い)、ドクダミ(排便を促す)、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが配合されているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

それとハトムギやドクダミには、余分な水分を排出する作用もあるので、便秘解消と合わせてデトックス効果が期待できます。

 

しかし村田園万能茶はいわゆる健康茶ですから薬と違って目に見える効果がすぐに出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大事です。

 

一般的に健康茶では、原材料にある有効成分を十分に抽出するために煮出す時間は長めである必要があって、そのため独特な苦みや渋味が出やすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように調合されています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、美味しいと思える飲み方で飲むことができますよ。

 

村田園の万能茶は、普通の健康茶と一緒で素材を煮出すことで有効成分を抽出します。

 

煮出せば煮出すほど有効成分がたくさん抽出できますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みにくくなるのも事実です。

 

ドクダミ茶のように茶葉から煮出すタイプは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけて時間をかけじっくりと抽出しないと健康に良い成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、10分以下でほとんど抽出することができ、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すことがセオリーです。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、整腸作用があって副作用の少ない原材料が使われています。

 

そういった意味で安心して飲めて、小腸や大腸に優しく効いてお通じを促すため、それに悩んでいる人、胃腸が弱い人におすすめできる商品です。

 

村田園万能茶に含まれている柿の葉には、ビタミンCが豊富に含まれているため肌荒れやニキビの改善に効き目があります。

 

それとハトムギには、タンパク質・カリウムなどが都合よく含有しているため健康的な肌のために期待できます。

 

普段飲むお茶を村田園の万能茶にするだけで嬉しい変化に気づきます。

 

村田園村田園の万能茶を続けることで、意識することなく薬草や穀物などに含まれる多くの人の体に優しい成分を摂取できます。

 

原材料の自然由来の有効成分によって、便秘やむくみの解消につながり健康を実感できます。

 

万能茶に使われる原材料は、体に良いとされるものです。

 

そうは言っても実際に飲んでみないと自分の体に合うかどうかというのは気になりますね。

 

また、他の健康茶と比べてどんな感じなのか、その点も気にはなります。

 

もっとも医師のお墨付きはあるし、公開済みの各種データも優秀なので、飲んでみようとするきっかけにはなりますね。

 

それでも本格的に購入して飲むなら確認したいという場合は、500円でお試しができるので自分にどうなのか試してみる価値があると思いますよ。

 

万能茶の効能は、、便秘改善、高血圧の快方、適度な水分摂取、アレルギー症状(花粉症など)、無理のないダイエットがあげられます。

 

水分摂取のためコーヒーや紅茶、炭酸飲料などは手近で便利なのでつい利用してしまいますが、健康のことを考えるとこれらは、あまり良いことではありません。

 

糖分が多い炭酸飲料などで肥満になったり、場合によってはコーヒー紅茶の利尿作用が強すぎて逆に水分が不足になりえます。

 

その点、村田園の万能茶ならば、100%天然素材でできておりノンカロリー、ノンカフェインなので、妊娠中の女性でも子供でも安心です。

 

 

 

page top