万能茶は、普通の健康茶と一緒で煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

万能茶は、普通の健康茶と一緒で煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

長い時間煮出すことで、有効成分がたくさん抽出できますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みにくくなるのも事実です。

 

 

ドクダミ茶のように茶葉から煮出すタイプは、沸騰したお湯に浸すだけでそれなりに抽出できます。

 

趣旨から煮出すはと麦などは、水に素材を入れて火にかけじっくり長い時間煮出さないと健康に良い成分を抽出できないのもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、10分以下でほとんど抽出することができ、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、時間をかけて煮出すようにするのがセオリーです。

 

万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸内運動を活発にして排便を促します。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらは食物繊維を多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利尿作用が期待でき、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化してキチンと出す、という点で優れていますね。

 

万能茶はカフェインが入っていないので、妊娠されている方も不安なく飲むことができます。

 

カフェインフリーの飲み物は全般的に値段が高いですが、万能茶はコストパフォーマンスにも優秀ですからその点でも安心できます。

 

それに美容に効果的な成分や日々スッキリできるダイエットのサポートとなる成分、靴具ぎ気分を味わえる成分も配合されています。

 

そのため、産後の美容対策、ダイエット、イライラ対策にいただくのも大変良いお茶だと思います。

 

万能茶は、温めたものを朝に飲む習慣が効果を実感しやすいです。

 

もちろん、夜寝る前や昼間に水筒などに移し替えてお好きなタイミングで飲んでも大丈夫です。

 

大事なのは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

苦みや渋みが苦手であれば、煮出す時間を数分にしてもいいでしょう。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで香りを付けたりするのもいいですよ。

 

熱中症対策用に冷やした経口補水液の代わりとして飲んでみるのもいいでしょう。

 

万能茶は1982年から販売され、現在も多くの方に愛されているロングセラー商品です。

 

ノンカフェイン、ノンカロリーだから飲む人を選ばず、一袋で1杯200ミリリットルを120杯分作れるので、お得感が強いと思います。

 

最近は、健康志向の人が多いので手軽に飲める健康茶が主流になりつつある傾向で、万能茶は多くの人に愛飲されている健康茶です。

 

村田園の万能茶だけでなく、今まで健康飲料などに試したことがなかった人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば資質や糖質が余分に入っていないのでそれで十分なのでは?

 

と思っている人が少なくありません。

 

でも村田園の万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、そして健康にも良い成分が多く使われているからです。

 

万能茶は、肥満気味の人にとってはありがたい痩身効果のある成分も含まれているので、糖分・脂肪分・塩分の摂取し過ぎと言われている現代人にも、万能茶は魅力的な健康茶と言えます。

 

私の父の体験談として、高血圧に悩んでいながら村田園の万能茶を続けたところ、いつの日か「高血圧も改善された」と喜んで話してくれました。

 

今も継続していて昔よりも身体の調子が良い日が続いているようです。

 

毎日のお茶を万能茶にするだけで嬉しい変化に気づきます。

 

村田園の万能茶を続けることで、他に何かをすることなくたっぷりの薬草や穀物類の健康のためになる成分を摂取できます。

 

自然由来の素材の成分のおかげで、女性の悩み(便秘、むくみなど)の改善になって健康を実感できます。

 

 

 

page top