万能茶の素材には、甜茶も使われています。

万能茶の素材には、甜茶も使われています。

甜茶に含まれる代表的な成分はマグネシウムです。

 

 

マグネシウムは便を柔らかくするため医療機関で処方される便秘解消の薬として利用されるミネラル(必須元素)です。

 

それとドクダミも使われていて、以前からドクダミを煎じて飲むと便秘が改善できるとして知られています。

 

同様に田舎麦は胃腸に優しく作用して、食物繊維を服もウーロン茶ととうきびのおかげで、万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれ、単品のお茶として便秘解消を実感された愛飲者が多数いるのですが、それらを一緒に摂ることにより素材同士が助け合う形で便秘が改善できするのだろうと思われます。

 

万能茶で使われている素材は、健康志向の素材です。

 

そうは言っても実際に飲んでみないと体質や味の好みに合うのかというのは気になりますね。

 

それと他の健康茶との違いはどうなのかということも知っておきたいです。

 

ただ、少なくても医師の推薦があり、公開しているデータも魅力的でから飲んでみようとする理由になるでしょう。

 

それでも本格的に購入して飲むなら事前に確認するのであれば、500円でお試しができるので自分にどうなのか試してみる価値がありますよね。

 

ドクダミ茶は便秘解消のお茶として販売されていますが、飲みすぎるとお腹が緩くなることがあります。

 

でも村田園万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶でもなんでも食べ物は、美容や健康にいいと言われても一つのものをずっと摂り続けるとか規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、それを続けることで目的がかないやすいと覚えておきましょう。

 

万能茶の特徴として、便秘改善、血圧の安定、良質な水分摂取、アレルギー症状(花粉症など)、無理のないダイエットがあげられます。

 

水分を摂る場合、紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、自販機でも買えて手に入りやすいので利用しがちですが、これらは体の健康のためにはあまり良いことではありません。

 

糖分が多い炭酸飲料などで肥満になったり、場合によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると水分不足になってしまうことも考えられます。

 

その点、万能茶ならば、100%天然素材でできておりノンカロリー、ノンカフェインなので、妊娠中の女性でも子供でも飲むことができます。

 

万能茶に含まれているハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、利尿作用があります。

 

そのため余分な水分はため込まれることなく、顔や手足のむくみを減らすことに貢献してくれます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら必ず温めてから飲むこと、冷えたものだと体が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

それに注意して女性が悩みがちな足や顔のむくみを解消してくれる万能茶は、仕事や家事に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、はぶ茶、くま笹など、整腸作用があって副作用の少ない薬草からできています。

 

そういった意味で安心して飲めて、腸に優しくゆるやかに便秘を解消していくため、それに悩んでいる人、胃腸が弱い人におすすめできる商品です。

 

万能茶の原材料の柿の葉は、ビタミンCが豊富に含まれているため肌トラブルに効果があります。

 

また、ハト麦は、たんぱく質やカリウム等が都合よく含有しているため健康的な肌のために期待できます。

 

万能茶だけでなく、今まで健康飲料などに手を出したことがなかったという人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、日本茶などであれば、資質や糖質が余分に入っていないのでそれで十分なのでは?

 

と考えられている人が一定数いるようです。

 

でも万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味して飲みやすく、一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、そして健康にも良い成分が多く使われているからです。

 

村田園万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸を刺激するので便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらには食物繊維が多く含まれていますので、やはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利尿作用が期待でき、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

食べたら余分なものは出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

 

 

page top